高濃度・低価格!産業用オゾン水生成器【オゾンバスターインダストリー】

シェアする

オゾン水生成器とは、水中にオゾンを溶かし込み、オゾン水にする機械です。 オゾン水は強力な除菌力があるので、歯科医師さんがよく使います。 その他、一般家庭で手洗いやうがいのため、食材の洗浄のために使われたり、 クリーニング事業者がクリーニングのため、 食品加工業者が除菌のために使ったりと、 幅広い用途に使われています。

オゾンマートは日本では珍しいオゾン発生器専門のインターネット直販サイトです。 オゾン発生器はこれまで、メーカーが製品を作り、1次代理店に卸し、2次代理店に卸し、 販売店の営業マンが足で売って歩く、という売られ方をしていました。 そのためオゾン発生器の価格は現在も一般的には高いのですが、 弊社はインターネットでの直販を中心に販売しているので低価格を実現しています。

オゾン水生成器はどのくらいの量のオゾンが水中に溶けているか、という基準で評価されます。 「~ppm」という評価軸です。 この数値が高ければ高いほど、値段も比例して高くなります。 ちなみに、2ppm以上の濃度があれば、ほぼすべての雑菌を瞬時に除菌可能です。 オゾンバスターインダストリーは、3ppm~5ppm程度のオゾン水を簡単に生成することができます。 オゾンバスターシリーズのエントリーモデルであるオゾンバスターでも同等の濃度の オゾン水を生成可能ですが、オゾンバスターインダストリーはその能力は16倍の能力があります。 そのため、オゾン水の生成スピードが早く、 1ppm程度であれば、200リットルもの水量でも5分前後で生成が可能です。 競合製品と比較していただけるとわかりますが、オゾンマートのオゾン水生成器は低価格です。 オゾンバスターは高濃度でも低価格であることがわかると思います。

競合製品と比較していただけるとわかりますが、オゾンマートのオゾン水生成器は低価格です。 オゾンバスターは高濃度でも低価格であることがわかると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする